見えない矯正とは

見えない矯正治療に対する需要は、大変強いものです。

金属製のワイヤーをつけたままの生活が、患者様の生活にストレスを与え、負担になることも、確かに事実です。また人によっては、実際にワイヤーをつけた生活は、許されない場合だってあるでしょう。

そこで、このページでもいくつかの手法をご紹介していますが、一口に見えない矯正といっても、様々な手段があります。以下に参考までにご紹介致します。詳しくは、それぞれのページをご覧下さい。

●歯と同系色の素材を使って、目立たなくさせるもの。

ホワイトコーティングワイヤー&セラミックブラケット

ホワイトコーティングワイヤーは、ワイヤーの廻りを歯の色と同様にコーティングしたもので、装着時に、目立たないように配慮されています。組み合わせて使うセラミックブラケットも、通常の金属製と違いセラミックを使用したもので、やはり歯に近い色をしているため目立ちにくくなっています。

このセラミックのブラケットと、通常のワイヤーを組み合わせた矯正方法もあります。

 

...

実際の治療例

 

●歯の裏側に装置をセットする方法

・舌側矯正

歯の裏側にブラケットを装着して行う矯正です。歯の裏側ですから、表からは装置が見えず、まさに見えない矯正といえます。

 

...

実際の治療例

 

●透明の装置を使うもの

・Essix(ワイヤーレス矯正)

樹脂で出来た、透明の素材で歯を覆うようにして装着する装置です。やはりみえづらく、患者様のストレスも少ない方法です。宮井先生は、Essixに置いて、日本の第一人者です。

 

...

実際の治療例